今年の7月でTwitterはなんと10周年みたいですよ。

わたくし職業柄もあって2007年11月から使い続けてまして、当時日本語圏だと同じ業界筋しか使ってなかったので、こんなにおたく向けなツールなんでみんな使わないのとかさんざん愚痴っていたのは懐かしい思い出。

というわけで、ちょとしばらく頑張ってTwitter関連の話題を書こうかなって思ってるんですが、最近そのTwitterには文句しかいってなくてですね…。でもいわせろよ。
まぁなんかこれ以上ユーザ逃すまいってのは判るんですけど、斜め上に邁進するもんで各方面から「差別化」ってことばぶん投げられてると思うんですが、みなさんどうですか実際。

おれの怒りを思い知れ……。

ベースの仕様変更よりも、公式アプリ(使ったことないけど)をもっとなんとかする方向でいろいろ改善の余地あるんじゃないでしょうか。リソースくいすぎてたまらんてな話もよく聞くし、誤フォローとかしやすいとか、なんか操作性イマイチと聞きますよ。
ふつうの人はサードパーティのクライアントとか使わないし、そんなのあるの?ってほうが多いんですから。そういうところでユーザに優しくして欲しいです。

あとね、これです。

サードパーティへの対応にも不満がたらたらなんですよ。
DMもRTもコマンド打って送信してた時代から、Twitterのあったらいいなっていう機能を各有志面々が頑張ってサービスつくったわけじゃないですか。そして、それを期待してTwitterもAPIを提供してきたわけじゃないですか。
なんかねぇ、こういうのワールドワイドウェブ(死)回帰でいいなと思ってたの。
それがどうよ。
Twitpicにした仕打ち一生忘れんからなー。

くどくなるので細かい経緯とかTwitter社の思惑はぐぐってくださいということで書きませんが(←)、少なからずTwitterが好きでTwitterをもっと楽しくしたいと思ってた面々に後ろ足で砂かけやがったなとあたしが思ってるということははっきり書いときますね。

まぁでもつまるところ。