絵は鬼滅ですけど別に鬼滅でもない話。鬼滅の話はお絵かきサイトのほうで。

お絵かきできる時間をとれるようになってきたのでいろいろしてますが、いわゆる絵師御用達のClipStudioにやっと手を出して使い方を覚える日々でございます。
マニュアルもチュートリアルもいらないということはないんだけど、実際に使うこと以上の訓練はないので焦らずぼちぼち…。そのうち漫画作れるといいよねぇ。

今は1枚描くごとに必ず新しい機能を何か試すんだっということを課してますが、いやー便利機能満載ですわ…。
すべって使いにくいペンタブレットは紙を敷けばいいのだということも判ってからやっとアナログ離れできそうな予感。

鬼滅がぶっとい線OKそうな絵柄なので主線に「リアルGペン」をお試しで使ってみたりしました(この絵は違うけど)。とりあえず力はあまり必要じゃないので腱鞘炎の心配なさそうなのがよいわね。自分Gペンでぶっとい線がりがり(が好き)なので、月に40ページとか量産してた頃とかアシスタントやってた頃とかは手を痛めましたよね。
あと線が太いとね、墨汁乾くのもすんごい時間かかったりしたんで(線が墨汁の表面張力で盛り上がってる状態って想像つく??)そのへんの不便さがないのもいいし、UnDoしほうだいとかホワイト楽ちんとか、いいことあげたらきりがないじゃん。デジタル万歳!!

でもなんか…設定をうまくできればいいんだけど、リアルと比べてGペンなりの柔らかさがでないかなーと。あと入り抜きもなんか…。あと手ブレ補正むかつく(笑)。あたしが引いた線を勝手になめらかにするんじゃねぇ!的な。でもアナログより描きにくいところはあるのである程度手ブレ補正もないとイイ線が描けないところがさらにむかつくんだわ。
精密に鍛えた手のバランスを機械に肩代わりさせようと思うとそれはねぇ、設定もいろいろ微調整してかないと思う通りにはならないだろうなぁと思います。めんどくさいなぁ。アナログで鍛えた身としてはそんな感じ。

そろそろ色塗りも試そうと思ってるんだけれども、去年買った道具ですらまだ使いこなせてないうちに…っていうね。今はクリスタで線描いて塗りはAffinityPhotoで塗り塗り…JPG書き出しは悔しいがPhotoshopのほうがきれいな気がする(使わないけど)。クリスタの書き出しはまだ試してないよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください