こんちは。また更新がすっかり止まってしまいまして、そうこうしてるあいだに世界中でものすごい状況になって、なんかこう、アニメ・マンガとか映画などでよく馴染んだ世界の終末的なシーンにいつのまにか入っていたなっていう、なんかフィクション(とくにSF)に親しみがありすぎて実際あんまり動じていないというか世界異変について心根の訓練ができてたのかなとふと思うんですが、ああ日頃からオタクでよかったということに帰結。

さらに個人的なことをいうと、たまたまなんですが…結果的によかったということしか今のところ起きておらず。
もともと出社ないから外出自粛でリモートワーク化という騒動も無縁というか、すでにいわゆるリモートワークに必要な環境が整った状態でここ数年自宅で仕事してきたわけでして、お仕事作業そのものについては変化がなんもないです。WEB会議も以前からふつーにやってましたし。

じゃあ肝心の経済的影響はどうなのかなっていうところですが、これも職業的にいうと、直撃界隈のクライアントからで減った仕事もあるし、逆影響で増えたものもあるし、そもそも世情が関係ないところからきている依頼っていうのもあるので、プラマイでいえば若干マイナスぐらいかもって感じですね。そんなに顔面蒼白になるような事態ではないです。あくまで今のところは。関係なかった界隈への経済的影響はこれからちょっと想像つかない感じなので。

さらに、サラリーマンを辞めた大きめな理由のひとつに、「東京五輪開催中に通勤したくないから」っていうのがあって、ある意味フリーでいるのは東京五輪が終わるまでねって心積もりだったんですよね。五輪1年延期は想定外だし1年の差が転職に影響しやすいお年頃なんで、また人生設計を考え直さないとって思ってます。

とかいいつつ、今更サラリーマンにもどれない気はしているので、本業の仕事が減ったついでにやろうと思ってた副業準備始めようか?とか、長らく一本でやってきたいわゆる手の職自体をもうやめちゃおか、なんてこと考えたりもします。今の職も正直長すぎて、もう飽きちゃった倦怠期。

じゃあそんでなにやるかっていわれると困るんですが…ごく最近姉からも好きに生きろといわれたところなのでぜひそうしたいですね。予定では60代前半に不摂生が元で死ぬので、もう余生のターンじゃないかなって考えております。余生はのんびりしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください